メニュー

第2期 立体クラス 開講中
オリジナルの骨格と粘土を活用して、人体の再現へ

 
〜 甲秀樹から、ご受講を希望する皆様へ 〜

立体造形(人体)は、あらゆる角度から見て、自然な形でなければなりません。
その表現には、より確かなデッサン力が求められます。

当クラスでは、オリジナルの骨格を用い、粘土で全身の制作することで、「人体の再現」を目指します。すなわち、人体の構造を知ることで、「デッサン力」を感覚的に身に付けて頂きます。制作を進めていくと造形や描くうえで、様々に発見があり、重要なポイントを確認することができます。

私が経験的に学んだことを皆さんとご一緒に造形しながらお伝えいたします!人体の捉え方であったり、あるいは、制作の技術的なことであったり・・・制作の迷いであったり・・・。

人体をよりよく理解して、それぞれが創作意欲を育み、オリジナルな作品づくりに生かしてほしいと願い、第2期のクラスを開講いたします。
ご一緒に、まじめに楽しく学びましょう!

独自のカリキュラム(全15回)と教材(骨格)で、人体の構造をより深く学び、表現力を養いましょう!
○現役作家による制作経験の伝授でキャリアアップ。
○美術モデルを観察しながら造形!
○少人数制で個別指導!

来春、開講予定の第3期の情報は、詳細が決まり次第、本ページで発表いたします。